【発表内容】

★テーマ:「茶の湯とセンス」

●発表者:山梨県立大学・山下晟慎さん

■発表内容:
茶の湯を初めて9か月が経ちました。
「9か月」というと短い期間です。
しかし、この9か月間は私の人生史上最も濃密な時間でした。
そして、今では茶の湯がない生活は考えられないほどにのめり込んでいます。
そこで「なぜ茶の湯を始めたのか」に始まり、「茶の湯の魅力」についてお話しさせていただきます。
特に、「現代における茶の湯の重要性」「感性の成熟」という点をお話しさせていただきます。
また、今年度からは「山梨県立大学表千家茶道部」を創設することができました。
その活動の様子と今後の展望についてもお話いたします。

■プロフィール:
山梨県立大学国際政策学部国際コミュニケーション学科4年。
山梨県立大学表千家茶道部初代部長。
20年間岩手で過ごし、大学編入学で山梨に移住。
1年間の休学期間中に茶の湯と出会い、魅力を伝えるべく活動中。
時折、写真撮影、映像制作も行っている。

———————————————————-
【開催概要】

日時:2024年6月11日(火)

時間:朝 7:00-8:00

6:55から「おはよう本屋さん」
オススメの本の紹介コーナーがあります。

参加費(会場費):
    大人 :500円
    大学生:300円
    高校生:200円
    中学生:100円
    小学生以下:無料
場所:春光堂書店
(甲府市中央1-4-4)
時間までに会場に直接お越しください。
【参加方法】

下記のリンク先からお申し込みください。
参加フォーム
—–
■アフター得々三文会について

終了後にさらにお話を深めていきます。
お時間がゆるせば、引き続きぜひご参加ください。
 時間:8時~9時30分

 場所:TO-CHI(春光堂書店のとなり)

 参加費(会場費)
    大人   :500円
    中高大学生:100円
    小学生以下:無料

参加ご希望の方は得々三文会の終了後にお隣にお移りください。