【発表内容】
★テーマ:「望郷の歌人・山崎方代という人」
 
●発表者:方代会事務局長・ 榛原豊明さん
 
■発表内容
「方代さん」と呼ばれた甲府市右左口町出身の歌人・山崎方代をご存じですか?
 
大正3年に生まれ、24歳で故郷を出奔。戦傷により、右眼失明、左眼0.01となって、以後、妻もなく職業も持たず、短歌の道ひとすじに明け暮れ、昭和60年、晩年のすみかとなった鎌倉の地にて70歳で亡くなる。
 
「ふるさとの右左口郷(むら)は骨壺の底に揺られてわがかえる村」の歌の通り、死してやっとふる里に帰った異色の歌人。その生い立ちと人生について語ります。
 
■プロフィール:
1951年生まれ。70歳。主に山梨県の中学教員として勤務し、最後は方代の母校である中道南小学校で定年退職。その後、方代を顕彰する方代会の事務局を10年ほど務め現在に至ります。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催概要】

日時:令和4年11月22日(火)
時間:朝 7:00-8:00
参加費:参加費:500円(会場費)
場所:春光堂書店
(甲府市中央1-4-4)
 
【会について】
◇会の終了後、写真撮影します。イベント開催の様子をインターネット上に掲載します。
◇その他、不明な点がありましたら、運営の反田亘昭あてにお問い合わせください。
 
【楽しい会にするために以下のルールを守って下さい】

◇会終了後の交流やそれぞれの活動のRRなどは可能ですが、
会終了後に自己責任で節度を持って行って下さい。
 
◇リアル参加者は入場の際、検温・アルコール消毒・マスク着用
および、ソーシャルディスタンスの確保、会話方法のお気遣いのご協力をお願いします。
 
◇当日の朝、体調に少しでも不安を感じた方は参加をご遠慮下さいませ。
 
◇下記に該当する方を運営が発見、または、参加者から相談があった場合は
該当者の出入り禁止措置とします。
・勧誘・セールスを目的として参加をしている方
・参加者や会に迷惑をかけると運営が判断をした方
以上、ご理解とご協力をお願いします。